是非とも見なかったことに…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
E7200 オーバークロック
最後に自作というかパーツ組立てをしたのが 15年前。その後、各ショップから BTO が沢山出てきて自分でやらなくてもよくなりました。ありがたい限りです。ありがたいのですが、甘えていたら時代からさっぱり取り残されてしまいました。
というわけで知識 0 ですが、現実逃避したいし寒いしで、なんか急にオーバークロックしてみたくなりました。(しかしチキン野郎なのでほんの少しだけクロックアップして満足するだけです)

で、ググってみると E7200 は OC には良い品らしい。そして AMI BIOS の場合は電圧に変更がなければ FSB? をいじるだけでいいみたい。それじゃあということで 266 → 333 にしてみました。これで 2.51GHz が 3.16GHz 動作に。
*** おおっと ***
calcru: runtime went backwards from 54 usec to 43 usec for pid 758 (devd) calcru: runtime went backwards from 136 usec to 109 usec for pid 349 (dhclient) calcru: runtime went backwards from 504 usec to 401 usec for pid 333 (dhclient) calcru: runtime went backwards from 11672 usec to 9293 usec for pid 333 (dhclient) calcru: runtime went backwards from 196 usec to 156 usec for pid 179 (adjkerntz) calcru: runtime went backwards from 755 usec to 601 usec for pid 21 (swi6: task queue) calcru: runtime went backwards from 102 usec to 81 usec for pid 9 (thread taskq) calcru: runtime went backwards from 1621 usec to 1291 usec for pid 19 (swi5: +) calcru: runtime went backwards from 17 usec to 14 usec for pid 17 (swi1: net) calcru: runtime went backwards from 16892 usec to 13878 usec for pid 0 (swapper)
これは FreeBSD の問題 (Intel Speed Step 機能) だそうで、BIOS で EIST を切ればいいそうです。EIST を切ると以下のように powerd のみで速度が変化します。
sysctl dev.cpu
dev.cpu.0.%desc: ACPI CPU dev.cpu.0.%driver: cpu dev.cpu.0.%location: handle=¥_PR_.P001 dev.cpu.0.%pnpinfo: _HID=none _UID=0 dev.cpu.0.%parent: acpi0 dev.cpu.0.temperature: 37 dev.cpu.0.freq: 395 dev.cpu.0.freq_levels: 3162/-1 2766/-1 2371/-1 1976/-1 1581/-1 1185/-1 790/-1 395/-1 dev.cpu.0.cx_supported: C1/0 dev.cpu.0.cx_lowest: C1 dev.cpu.0.cx_usage: 100.00% dev.cpu.1.%desc: ACPI CPU dev.cpu.1.%driver: cpu dev.cpu.1.%location: handle=¥_PR_.CPU1 dev.cpu.1.%pnpinfo: _HID=none _UID=0 dev.cpu.1.%parent: acpi0 dev.cpu.1.temperature: 37 dev.cpu.1.cx_supported: C1/0 dev.cpu.1.cx_lowest: C1 dev.cpu.1.cx_usage: 100.00%
おぉ Hz が上がってる。そして… core の温度も上がってる。何もしてなくても 37℃ですか。うへぇ。(ちなみに OC する前は何もしてない時 33℃でした)
んー夏は越えられるのかなぁ。一先ず春先までこれで様子を見てみましょう。

取り敢えず、make buildworld buildkernel (-O2 有り、-j なし、GENERIC) は CPU フル稼働で 50〜58℃、時間は約 10分と少し短縮。 2.51GHz の時 make buildworld buildkernel は 40℃前後でしたから結構上昇するものですねぇ>温度。
2月後半から vm_page 周りのせいなのか特定できていませんが panic で落ちることが 2週に 1回くらいの頻度で起こるようになりました。そこにオーバークロックしたら panic の頻度が上がりました。
ファイルが lost することは運良くまだないのですが、怖いのでオーバークロックはやめることにします。
やはり SDP の設定を端折ったのがマズかったか…。でもメモリのスペック分からないし…。
FreeBSD - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>