是非とも見なかったことに…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
corega KVM CG-PC4UV
これまで MyPico2 という 2台用の KVM を使っていたのですが、2台用では面倒なことがボチボチ増えてきたので、corega の CG-PC4UV を買いました。AC アダプタ不要だし Linux/Solaris でも OK(ただしサポート外) とうたっているので。(Solaris でもいいなら FreeBSD もいいでしょ?って軽いノリで購入しました。)

PC1: FreeBSD 7.2(STABLE) ICH7/nVidia GF 8400GS
PC2: PPC G4 Mac mini ATI Radeon 9200
PC3: PowerMac G4 AGP Graphite 下駄付 ATI Radeon ????
PC4: FreeBSD 6.4(STABLE) ICH4/nVidia GF 5200FX

につないでみました。
キーボードは 106/109 じゃないといけないらしいですが、ELECOM の安い 89 キーボードでも動作しました。マウスは io シリーズのレーザーマウスで、これも動作しました。

ですが、問題(って程ではないですが)、「あぁんもぅ」と呟きたくなる現象が起きます。
  1. PC を切り替える度に USB マウスが detach/attach を繰り返します。キーボードはエミュレーションしてくれるのにマウスはしてくれません。残念。お陰で /var/log/messages には山のようなログが記録されます。(動作に問題はありません、今のところ)
    Mac ではマウスの速度が異常に遅くなります。→USB Overdrive 10.4.8 で回避できます。(10.3 では回避できません)
  2. Xorg において「_」「¥」が入力できない。(これは 89キーだからかな?とりあえず xmodmap で解決可能。解決済。)
  3. 裏で Mac を起動すると画面の解像度が 800x600 で立ち上がります。毎回コンパネ開かないといけません。これはないわーてな感じです。
  4. 画面ポジションを覚えてくれないので、Xorg と Mac で 20px 程ずれます。
どれも大きな問題ではないですが、いぶし銀のレスラーにじわじわと締められてるようないやーな感じです。ノリと推測で買ってはダメなんですねぇ、勉強になりました。
Computer - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>