是非とも見なかったことに…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ubuntu opera font
フォント関連がおかしいので、ここ2年ほど使ってなかったoperaですが、気の迷いからインストールしてみました。
案の定フォントが莫迦でした。大莫迦でした。font.iniいじってもだめで、opera:configでいじってもダメでしばし格闘してたら分かりました。
operaは10.63 / 11 betaともに設定に依らず日本語フォントがビットマップを持っていたら絶対にビットマップフォントを表示します。

Enable X11 coreのon/offとかEnable xftのon/offとかその辺の設定が全く効きません。on/off切り替えても同じ結果になり、本当にイラッとします。
ということで、全てのフォント指定をビットマップフォントを持って***いない***フォントにすれば、キレイなフォントで表示します。
ただし、WebページのCSSでフォントを指定されているとありがた迷惑なことにビットマップがしゃしゃり出てきますので、ユーザCSSでfont-familyを無視するようにしないといけません。
これって大昔もあったような…数年かけて直ってなかったのか…やっぱoperaは捨てよう。
Linux - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>