是非とも見なかったことに…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
MacBook Air mid 2011 テザリング PdaNet Bluetooth DUN
知人の MBA mid? late? 2010 と easytether で USB テザリングできたので、軽い気持ちで MBA mid 2011 13"竹を買ったのですが、この新 MBA は USB 周りの仕様変更なのか何なのか分かりませんが以下のようになり***全く***使えない状態でした。

ケータイと USB 接続時
 ・デバッグモード ON だと充電しないし、ストレージとして認識しない
 ・しかもテザーアプリが使えないっ
 ・デバッグモード OFF だと充電しつつストレージとして使えるが、テザーアプリの条件から外れる

なお、MBA 2010 ではこのようなことにはならず、easytether がサクッと使えてテザリングできたのでした。
これは N-04C に対する嫌がらせとしか考えられない所業です。ググッても情報がないのできっとグローバルモデルとか国内モノでも USB が普通なら動くはずですよ。
そこで USB は諦めて、Bluetooth でどうにかできないかと PdaNet でやってみたら、これがうまくいきました。(なお MBA 2010 では BT DUN はできませんでした。) ただ、いろいろと順番が重要らしく、あとでまとめてみたいと思います。

追伸
BT DUN すると N-04C が無茶苦茶熱くなります。気をつけてください。

Mac のシステムレポートで見ると、N-04C の必要電流が「不明」になってます。やっぱり Mac と N-04C で USB の仕様の解釈の違い?というか不一致というか、その辺で不都合があるんですな。(いくつか USB ケーブル変えても変化なしだったので、こりゃ無理かと思われます)
N-04C はというか国内専用モデルはもうあれかな…

1. MBA に PdaNet をインストール
2. システム環境設定 - ネットワーク
3. "+" でインターフェイスを追加
その際、「Bluetooth」を選択して、「電話番号」や「アカウント」などは未記入のままでおk
4. アンドロイド側で PdaNet 起動
5. Mac 側で Bluetooth デバイスの設定を予め開いておく
6. アンドロイド側で Bluetooth DUN をタップ
するとペアリングがうんたらと言われるので、ペアリングするような選択をタップ

するとNICもよしなに設定されて、「Bluetooth DUN」というインターフェイスができると思います。そして、その中の「接続」というボタンで BT DUN できるようになります。
Mac - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>