是非とも見なかったことに…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Mac Magican 惜しい
Magican はオールインワンでいろいろできる便利なソフトなんですが、自分には残念ながら合いませんでした。数時間使っただけですが、以下のようにポロポロでてきたのでやめました。
  • 天気情報、自分の位置を覚えてくれない。
  • キャッシュ削除の設定を覚えてくれない。(キャッシュの一括削除はとても便利だけに、毎回項目別に On/Off するのは惜しい)
  • ファンの回転数が自動で変化しない。固定なんですね、これは非常に* * * 残念 * * *。
  • メインウィンドウがやたらと CPU を食う。表示してるだけなのに CPU 利用率 8% も持っていくんですね。
  • ブラウザキャッシュを削除しないようオプションで指定してもブラウザキャッシュ削除しちゃうんですね、これはいただけない。
システム一括表示、状態一括表示、キャッシュ一括削除など便利ではあるんですけどねぇ。今後に期待しつつそっと uninstall しました。
ということで手間はかかりますが CCleaner, ClamXAV, Fan Control 64bit でいいかなと。
Mac - -
Windows 7 MacType and IE10
ようやく重い腰を上げ IE 10 にしました。と言うのも MS が XML による情報漏えいセキュリティホールを IE 6, 7, 8, 9 で修正しない宣言したからで、開いた口が塞がりませんでした。

mactype-ie10で、結論から言いますと IE 10 でも IE 9 と変わりません。ね、DirectWrite ですもんね。ただ Osaka フォントを使うようにすればこのようにほんの少しがまんできるレベルになります。DirectWrite はヒンティングがキツイので太めの ttf, otf で丁度いいのかもしれないですね。
それでも汚いなぁ...

ただ、CSS で明示的にフォントを指定しているサイトはダメです。Osaka じゃなくなるのでめっちょ汚くなります。また、CSS によるフォント指定を無視するようインターネットオプションを変更すると、MS PGothic が強制で使われてしまい、DirectWrite 特有のきったねー表示になります。
ホント MS 潰れないかな...

あー関係ないですが MBA mid 2013 は OSX 10.9.0 がリリースされるまで様子見が正解ではないでしょうか。13-inch で最大 12時間駆動はとても魅力ですが、それくらいだけですしね。Iris じゃないし。それに、もう少し待てばきっと up to date 対象にもなるでしょうし。

[追記]
Iris は 4 core なんですね。調査不足でした。ってことは MBA に載る確立は低いですね。残念。
Windows - -
Mac Lion PHP mcrypt brew
やはり homebrew は便利です。まず、libmcrypt を brew でインストールします。これまたやはりバイナリパッケなのかすぐ終わります。
$ brew install mcrypt
次に Lion の php のバージョンにあった php のソースを拾い、拡張モジュール用ディレクトリに移動します。
$ curl --location -s http://nl3.php.net/get/php-5.3.15.tar.gz/from/nl1.php.net/mirror  | tar -zx
$ cd php-5.3.15/ext/mcrypt/
そしてコンパイルとインストールをします。
$ phpize
$ ./configure
$ make -j6
$ make test
$ sudo make install
$ sudo vi /etc/php.ini
        extension=mcrypt.so
$ sudo apachectl restart
確認
$ php -i | grep -i mcrypt
mcrypt support => enabled
という行があればおk
Mac - -
Mac Lion PHP ImageMagick
おぉ!homebrew がバイナリパッケージで入るようになったんですね?素晴らしい。(ファンが全開にならずに一瞬でインストールが終わったので)
Mac に ImageMagick をインストール
$ brew install autoconf (これいらないかも。自分は pecl もしたかったからやったまでです。) $ brew install ImageMagick
で ImageMagick を入れると依存関係で libjpeg が入ります。これがあると php-gd が Mac でも使えるようになります。(あー元々 Mac には php-gd が入っていたんですね。)
あ、あれ自分のスクリプトだと libjpeg だけで良かったじゃん。orz
Mac - -
WiMAX App Store 画像
Mac の App Store を起動するととある条件で画像がほぼ全て表示されないようです。どうやら WiMAX の DNS が悪いようで、Mac 側のリゾルバを Google Public DNS である 8.8.8.8 や 8.8.4.4 にすると解決します。(NTT America のやつでもおk)
実際うちでも試してみたら一発で解決しました。ご近所さんの aterm や uload が電波干渉してるのか?とか WiMAX 端末の位置か?とか悩んでいたのが莫迦らしいです。一時は百均のボウルでアンテナ作ろうか考えました。
ちなみにリゾルバを変えると、通信速度も安定向上します。
Mac - -
MacBook Air 色 カラープロファイル
暖かいすななんて書いたらこれですよ、寒い寒い。

昔、このようなことを書きましたが、こんなことしなくても以下に置いておけば、OS のアップデートがあっても、applejack auto reboot してもディスプレイのカラーがデフォルト icc に戻るようなことはないのでした。
無念。
個人用カラープロファイルの置き場所
~/Library/ColorSync/Profiles/ or $HOME/Library/ColorSync/Profiles/
記憶が確かならデフォルトで上記ディレクトリは無かったので mkdir する必要があります。
Mac - -
MacBook Air FanControl 64bit
暖かくなりました。うちはこの時期朝だけ直射日光が入るのですでに室内は夏日です。暑くて汗かいて嫌ーーーな気分で目が覚めます。
そして MBA はログインしただけでファンが回り出します。(各種デーモンが起動するからでしょう。)ともあれそろそろ発熱対策しないといけないかな、と。
これまでは 32bit な FanControl を使っていましたが、とてもありがたいことに 64bit 環境でコンパイルしたバイナリがあります。
しかも sudo make install でサクッと所定の位置へインストールまでできるので嬉しいです。
で、make コマンドがねーって言われた方は Xcode から Command line tools ってのをインストールします。

自分、うるさくても気にしない派なので、とにかくファンが回るように Lower 閾値は低くしています。
Mac - -
Sophos Cyberduck
久しぶりに Cyberduck を使おうとしたら、CPU がフルロードになって Dock でバウンドしっぱなしで、爆熱、爆音!
Sophos をアンインストールしたら起動した。ぐぬぬ。
Mac - -
FUSE OSX ssh
忘れてもいいようにメモ。
FUSE for OS Xから
- OSXFUSE 2.5.4
- SSHFS 2.4.1
をインストール。dmg や pkg なのですごく簡単。
次に ~/.ssh/config にホスト情報と鍵の位置を書き込み、Terminal で、
mount 実行
$ sshfs remotehost:///home/remoteuser ~macuser/any_dir or $ sshfs remotehost:///home/remoteuser ~/any_dir or $ sshfs remotehost:///home/remoteuser $HOME/any_dir
これで Mac の /Users/macuser/any_dir 以下にマウントされる。
超絶便利。
Mac - -
あー
jugemさんとこでテーマファイルが全部飛んだそうで、それでこんなテーマになってます。
- - -
<< | 2/19 | >>