是非とも見なかったことに…
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Mac Lion PHP ImageMagick
おぉ!homebrew がバイナリパッケージで入るようになったんですね?素晴らしい。(ファンが全開にならずに一瞬でインストールが終わったので)
Mac に ImageMagick をインストール
$ brew install autoconf (これいらないかも。自分は pecl もしたかったからやったまでです。) $ brew install ImageMagick
で ImageMagick を入れると依存関係で libjpeg が入ります。これがあると php-gd が Mac でも使えるようになります。(あー元々 Mac には php-gd が入っていたんですね。)
あ、あれ自分のスクリプトだと libjpeg だけで良かったじゃん。orz
Mac - -
WiMAX App Store 画像
Mac の App Store を起動するととある条件で画像がほぼ全て表示されないようです。どうやら WiMAX の DNS が悪いようで、Mac 側のリゾルバを Google Public DNS である 8.8.8.8 や 8.8.4.4 にすると解決します。(NTT America のやつでもおk)
実際うちでも試してみたら一発で解決しました。ご近所さんの aterm や uload が電波干渉してるのか?とか WiMAX 端末の位置か?とか悩んでいたのが莫迦らしいです。一時は百均のボウルでアンテナ作ろうか考えました。
ちなみにリゾルバを変えると、通信速度も安定向上します。
Mac - -
MacBook Air 色 カラープロファイル
暖かいすななんて書いたらこれですよ、寒い寒い。

昔、このようなことを書きましたが、こんなことしなくても以下に置いておけば、OS のアップデートがあっても、applejack auto reboot してもディスプレイのカラーがデフォルト icc に戻るようなことはないのでした。
無念。
個人用カラープロファイルの置き場所
~/Library/ColorSync/Profiles/ or $HOME/Library/ColorSync/Profiles/
記憶が確かならデフォルトで上記ディレクトリは無かったので mkdir する必要があります。
Mac - -
MacBook Air FanControl 64bit
暖かくなりました。うちはこの時期朝だけ直射日光が入るのですでに室内は夏日です。暑くて汗かいて嫌ーーーな気分で目が覚めます。
そして MBA はログインしただけでファンが回り出します。(各種デーモンが起動するからでしょう。)ともあれそろそろ発熱対策しないといけないかな、と。
これまでは 32bit な FanControl を使っていましたが、とてもありがたいことに 64bit 環境でコンパイルしたバイナリがあります。
しかも sudo make install でサクッと所定の位置へインストールまでできるので嬉しいです。
で、make コマンドがねーって言われた方は Xcode から Command line tools ってのをインストールします。

自分、うるさくても気にしない派なので、とにかくファンが回るように Lower 閾値は低くしています。
Mac - -
Sophos Cyberduck
久しぶりに Cyberduck を使おうとしたら、CPU がフルロードになって Dock でバウンドしっぱなしで、爆熱、爆音!
Sophos をアンインストールしたら起動した。ぐぬぬ。
Mac - -
FUSE OSX ssh
忘れてもいいようにメモ。
FUSE for OS Xから
- OSXFUSE 2.5.4
- SSHFS 2.4.1
をインストール。dmg や pkg なのですごく簡単。
次に ~/.ssh/config にホスト情報と鍵の位置を書き込み、Terminal で、
mount 実行
$ sshfs remotehost:///home/remoteuser ~macuser/any_dir or $ sshfs remotehost:///home/remoteuser ~/any_dir or $ sshfs remotehost:///home/remoteuser $HOME/any_dir
これで Mac の /Users/macuser/any_dir 以下にマウントされる。
超絶便利。
Mac - -
MBA アダプタ 充電 問題の解決
去年からちらほら見かけたのですが、ついにうちでも発生するようになりました。MacBook Air mid 2011(以下MBA) アダプタの LED が点灯しない問題が。

壷ではアダプタを暖めたらいいというレスが多いですが、うちでは本体を暖めないとダメでした。ちなみに12年10月にもう一個、事務所用にアダプタを購入していたので、そちらでも試したらやっぱダメでアダプタは関係ない可能性が高いです。

SMC リセットも PRAM クリアも、またアプリも削除しまくってみたのですが解決に至らず、恐らく本体のコンデンサがへたってきて、キンキンに冷えると通電しないのかと思っていました。Apple に電話しても前例がないから郵送してくれと言われました。(メインで使ってるので断りました)

で、毎回本体を温めるのは面倒なのでアダプタを接続してバッテリ駆動させるのですが、数分で通電が開始され画面輝度が最大値になり「うおっまぶしっ!」となるのが結構精神的にきます。どうでもいいですがアルミボディ、この時期は辛い。

ところが最近、復活したかもしれないです。やったことはとても簡単で、

「アダプタを接続しないで、バッテリ駆動で数時間 MBA を使用する」

です。
たまたま仕事の関係で晩御飯を逃し、しかも深夜になってもやらないといけないことがあったので、空腹に耐え切れず深夜のファミレスで 3時間ほど使ったわけです。その後、うちの MBA はあら不思議、キンキンに冷えてるのにアダプタを即認識即通電するようになりました。これってバッテリ情報が間違って記録されていたものが、中長時間のバッテリ駆動でリセットされたということですかね?
Mac - -
Gimp まだダメ
あれからしばらく経ちましたが、Mac 用 Gimp 2.8.2 は公式、Gimp on OSX ともに変わらず、使い物になりません。残念。
公式 Gimp.app は起動すらせずクラッシュレポートが起動。
Gimp on OSX の Gimp.app は文字入力で難あり※と Delete キー無効。
※何かキーを押す度に少し待たされる。
Mac - -
Mac Thunderbird 15.0.1 crash
OS X 10.7.4 上で Thunderbird を 15.0.1 にしたら頻繁にクラッシュするようになりました。あまりにも頻繁なので、これはきっと世の中の人もそうだろうと思っていたらそうでした。
モジラ海外フォーラムで以下で直るらしいと書き込みがありました。
TB を終了した状態で
/Users/<user_acct>/Library/Caches/Thunderbird/
を消す
うちは今のところこれで大丈夫っぽいですよ。
Mac - -
Mac Gimp 2.8.2 だめぽ
Mac 向け gimp が 2.8.2 になり Gimp 公式および Gimp on OS X どちらも native binary になりました。X11 いらないのは嬉しい。
ということで試しに Gimp on OS X の方をインストールしたのですが、テキスト入力に致命的なバグがあり使い物になりませんでした。
Gimp 公式のバイナリは起動すらしない。ターミナルから直接コマンド叩いても起動せずクラッシュレポート?が起動。
Gimp on OS X のバイナリは文字を入力する度に数マイクロ秒待たされ、矢印キーなど文字以外のキーは数秒待たされた挙句何も起きない。矢印でカーソル移動できないということ。そして何より delete キーが効かないのはいただけません。
これはざんねんながらつかいものにならんです。もうだめぽ。2.8.0 にもどします?

それから Gimp のインターフェースのフォント、昔からヒンティングがキツ過ぎで汚く見えます。
X11 使うバージョンであれば以下のように .fonts.conf を書けばいいです。
vi .fonts.conf
<?xml version="1.0"?> <!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd"> <fontconfig> <dir>~/.fonts</dir> <match target="font"> <edit mode="assign" name="antialias"><bool>true</bool></edit> <edit binding="strong" name="globaladvance"><bool>false</bool></edit> <edit mode="assign" name="rh_prefer_bitmaps"><bool>false</bool></edit> <edit mode="assign" name="embeddedbitmap"><bool>false</bool></edit> <edit mode="assign" name="hinting"><bool>false</bool></edit> <edit mode="assign" name="autohint"><bool>false</bool></edit> <edit mode="assign" name="hintstyle"><const>hintnone</const></edit> <edit mode="assign" name="rgba"><const>none</const></edit> </match> </fontconfig>
さすが UNIX というところです。FreeBSD 時代の知識で乗り越えられます。
Mac - -
<< | 2/4 | >>